SSブログ

横浜・池辺農園 今週は玉ねぎの定植準備 [池辺農園のはなし]

今年も11月となり、池辺農園では玉ねぎの定植時期となった。
①まずは牛ふん堆肥を区画に撒いて、耕運していく。
牛ふんは、戸塚区の小野ファームから仕入れたものを山下から有償で分けてものだ。
IMGP6138.JPG
IMGP6143.JPG

②整地をした後、幅広の7穴ある黒マルチを張っていく。
IMGP6153.JPG
IMGP6155.JPG
一番下側の畝には、「牛ふん堆肥」に加え和歌山県の専用工場で製造した「鰊粕」を撒いた。
鰊粕は、江戸~明治時代には「金肥」と呼ばれ、特に果樹類の生産拡大いに貢献したとのことだ。
詳しくは後日紹介したい。
IMGP6149.JPG

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント