SSブログ

横浜・山下農園 2019年度開園 最初の作業は夏野菜のマルチング [山下農園のはなし]

4月になり気温も上がり、めっきり春めいてきた。
今年も、いよいよ夏野菜の定植準備が始まる。

①まずは、夏野菜の栽培を行うためのマルチ張り、最初に寸法出しとヒモ張り、地面を平らにする作業だ。この寸法出しをいい加減にすると、マルチが剥がれる原因にもなるので、図面を見ながら丁寧な作業が求められる。
IMGP6377.JPG
IMGP6375.JPG

②地面を平らにするためローラーを掛ける。これも大切な作業なので、何度か往復して丁寧に作業する。マルチと地面に隙間ができると、風が吹いたときにマルチがバタバタし、定植した苗が傷んで生育に影響することもあるのだ。
IMGP6386.JPG

③マルチを張るための溝をヒモに沿ってサクって行く。
マルチの幅は95センチ、ヒモ張りの幅は70センチなので、両側の遊びは12.5センチだが、溝掘りの前に両側のヒモを指1本分内側に張りなおす。近年は強風も多く、マルチが風にあおられて剥がれないようにするための工夫だ。
IMGP6378.JPG

④マルチを張っていく。風がないので一気にマルチを延ばして、センターを出してから両側から同時にクリップでとめていく。
IMGP6381.JPG

⑤最後に両側から土をもって作業は終了だ。
クワで土寄せする際には、両方から同時に作業することが重要で、両足の親指でマルチを引っ張り合って、土の中に入るマルチの幅を十分に取ってしっかり固定することが作業の肝だ。
IMGP6383.JPG
IMGP6388.JPG
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント